2015年08月13日

インターネット用語 [ SB ]


みなさん、こんにちは!


今回は、「 インターネット用語のS その3 」 です。



■ S その3
・SOHO
net_word_s_3-1.png

「Small Office / Home Office(スモール・オフィス・ホーム・オフィス)」の略で、「ソーホー」と読みます。

その名の通り、小さなオフィスや自宅などで業務を行うワークスタイルの総称です。

SOHOは、コンピュータネットワークが広く普及したことで可能となりました。



・SSD
net_word_s_3-2.png

「Solid State Drive(ソリッド・ステート・ドライブ)」の略で、「 エス・エス・ディー )」 と読みます。

HDDと同じ接続方式なので、ハードディスクの代替として利用できます。

記録媒体[SSD]」の回もご覧ください。



・SSID
net_word_s_3-3.png

無線LANによる通信を行う際、アクセスポイントを識別するために付けられる名前のことで、「エス・エス・アイ・ディー」と読みます。

有線LANはケーブルを使って目に見える差込口につなぎますが、無線LANは電波を利用するので接続先が目に見えません。

そこで無線LANでは、どのアクセスポイントに接続して通信を行うかを指定する必要があり、「SSID」で識別しているのです。



・SSL
net_word_s_3-4.png

WebブラウザとWebサーバ間で通信されるデータを暗号化する技術のことです。

「Secure Socket Layer(セキュア・ソケット・レイヤ)」の略で、「エス・エス・エル」と読みます。

「SSL」は、個人情報やクレジットカード番号など、機密性の高いデータのやりとりするショッピングサイトだけでなく、国土交通省、農林水産省の電子入札や、総務省の電子申請・届出等を始め、様々な省庁、自治体などでも利用されています。





次回は、「 T 」 です。

お楽しみに!




ラベル:パソコン入門
posted by ふれんずはぴねす at 14:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット用語 N〜S | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月12日

インターネット用語 [ SA ]


みなさん、こんにちは!


今回は、「 インターネット用語のS その2 」 です。



■ S その2
・SIMカード
net_word_s_2-1.png

電話番号を特定するための固有のID番号が記録された、携帯やスマートフォンが通信するために必要なICカードのことで、「シムカード」と読みます。

SIMカードを差し替えることにより、複数の端末を同じ契約者扱いで利用することができます。



・SMS
net_word_s_2-2.png

「Short Message Service(ショートメッセージサービス)」の略で、「エス・エム・エス」と読みます。

携帯電話やPHSなどの携帯端末間で、ごく短いメッセージを送受信できるサービスのことです。

携帯電話の電話番号が宛先となるため、携帯電話のメールアドレスを知らなくても、相手にメッセージを送れるというメリットがあります。

2011年7月から国内のキャリア間で相互接続が開始され、一部のキャリアでは国外との送受信も可能となりましたが、スマートフォンの普及とともにEメールやメッセージアプリが主流となり、SMSの利用は広がりませんでした。



・SMTP
net_word_s_2-3.png

「Simple Mail Transfer Protocol(シンプル・メール・トランスファー・プロトコル)」の略で、「エス・エム・ティー・ピー」と読みます。

メールの送信時に使われる通信規約のことです。

メールの通信は、送信時には「SMTP」、受信時には「POP」という方法が多く利用されています。



・SNS
net_word_so.png

「Social Network Service(ソーシャル・ネットワーク・サービス)」の略で、「エス・エヌ・エス」と読みます。

個人間のコミュニケーションを支援するコミュニティ型の会員制サービス、およびそのWebサイトのことをいい、代表的なものとしては「LINE」「Twitter」「Facebook」などが有名です。





次回は、「 S その3 」 です。

お楽しみに!




ラベル:パソコン入門
posted by ふれんずはぴねす at 14:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット用語 N〜S | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月11日

インターネット用語 [ S@ ]


みなさん、こんにちは!


今回は、「 インターネット用語のS その1 」 です。



■ S その1
・Safari
browser_safari.png

米国Apple社が開発したWebブラウザの名称で、「サファリ」と読みます。

Safariは、「Firefox」の最大3倍、「Opera」の最大5.5倍という読み込みスピードを誇っています。

また、ネットサーフィン中に「戻る」ボタンの代わりに押せばWebサイトのトップページに瞬時に戻ることができる「SnapBack」機能も特徴的です。

Webブラウザソフトの種類」の回もご覧ください。



・SEM
「Search Engine Marketing」の略で、「エス・イー・エム」と読みます。

自社のWebサイトを持つ企業が、検索エンジンから自社サイトへの訪問者を増やすことを目的としたマーケティング手法のことです。

「Yahoo!」や「Google」などの検索エンジンは基本的に、ユーザが入力したキーワードに関連する検索結果を表示するサービスを提供しています。

つまり、その検索結果について、もともとユーザが興味を持っているということがわかっているため、検索エンジンを有力な広告媒体として積極的に活用しようという広告活動が「SEM」なのです。



・SEO
net_word_s_1-1.png

「Search Engine Optimization」の略で、「エス・イー・オー」と読みます。

サーチエンジン最適化と訳され、検索エンジンの検索結果において、自らのサイトが上位に表示されるようにする手法のことを言います。

「Yahoo!」や「Google」などで検索した際、表示順位が上にあればあるほど多くのユーザの目にとまりやすくなります。

そんため、訪問者数の増加を目的に、サイト運営者は検索順位を上げるためのさまざまな工夫を行います。

そのマーケティング手法全般を「SEM」と呼び、「SEO」は「SEM」の具体的な手法の1つです。

※図のように、赤く囲ってある部分が「SEM」、青く囲ってある部分が「SEO」に該当します。





次回は、「 S その2 」 です。

お楽しみに!




ラベル:パソコン入門
posted by ふれんずはぴねす at 11:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット用語 N〜S | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月10日

インターネット用語 [ R ]


みなさん、こんにちは!


今回は、「 インターネット用語のR 」 です。



■ R
・RAM
net_word_r_1-1.png

半導体素子を利用した記憶装置のことで、「ラム」と読みます。

メインメモリ(主記憶装置)に利用されるので、メインメモリそのものを「RAM」と呼ぶこともあります。

HDDと同じく記憶装置の一種ですが、HDDと比べて読み込み・更新が早いという利点があります。

しかし、価格がHDDより高く、全ての記憶装置をRAMにするわけにもいきませんので、通常はHDDにデータを格納しておき、必要に応じてデータをRAMに呼び出す、という方式をとっています。



・ROM
net_word_r_1-2.png

読み出し専用メモリと訳され、記録されている内容を書き換えることができない読み出し専用記憶装置のことで、「ロム」と読みます。

「ROM」は読み出し専用のメモリなので、書き換える必要のない情報を記憶させるのに使われています。

記憶装置としての「ROM」の他にも、CD-ROMなどのように、読み出し専用である記憶媒体のことも「ROM」といっています。



・RSS
net_word_r_1-3.png

Webサイトの更新情報が記録されている規格に基づいたデータのことで、「アール・エス・エス」と読みます。

RSSリーダーと呼ばれるソフトウェアを使い、お気に入りのWebサイトを登録することで、そのWebサイトの更新情報を得ることができます。

RSSリーダーで登録しておけば、直接アクセスしなくても、多数のWebサイトの更新情報を一括で把握することができ、情報収集の時間を短縮できるという利点があります。





次回は、「 S その1 」 です。

お楽しみに!




ラベル:パソコン入門
posted by ふれんずはぴねす at 14:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット用語 N〜S | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月09日

インターネット用語 [ PA ]


みなさん、こんにちは!


今回は、「 インターネット用語のP その2 」 です。



■ P その2
・PHS
net_word_p_2-1.png

高速データ通信を得意とする携帯電話の一種のことで、「ピー・エイチ・エス」と読み、「ピッチ」とも呼ばれます。

基地局の設置が容易なため都市部での利用可能エリアは速やかに広がり、通信料金の安さから学生などを中心に普及しました。

その後、2000年代の中頃までには、携帯電話の低料金化やデータ高速化が進み、PHSにあった優位性が薄れたため、普及は頭打ちとなりました。



・pixel
net_word_p_2-2.png

コンピュータで画像を扱うときの、色情報(色調や階調)を持つ最小単位、最小要素のことで、「ピクセル」と読みます。

単位として用いる場合には「px」と略記されます。



・POP
net_word_p_2-3.png

「Post Office Protocol(ポスト・オフィス・プロトコル)」の略で、「ポップ」と読みます。

電子メールを保存しているサーバからメールを受信するための通信規約です。

メールの通信は、受信時には「POP」、送信時には「SMTP(Simple Mail Transfer Protocol)」という方法が多く利用されています。





次回は、Qのワードがないので「 R 」 です。

お楽しみに!




ラベル:パソコン入門
posted by ふれんずはぴねす at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット用語 N〜S | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月08日

インターネット用語 [ P@ ]


みなさん、こんにちは!


今回は、「 インターネット用語のP その1 」 です。



■ P その1
・P2P
net_word_p_1-1.png

「Peer to Peer」の略で、「ピー・ツー・ピー」または「ピア・ツー・ピア」と読みます。

ネットワーク上でコンピュータ同士を接続する際に、個々のコンピュータが対等な関係で接続しあう形態のことを言います。

サーバーを介さずに不特定多数のユーザとのやり取りが簡単にできるという反面、公開する予定でなかった情報の漏洩などの問題がおきたりと、セキュリティ面で注意する必要があります。



・PDA
net_word_p_1-2.png

パソコンやインターネットに接続して使える手のひらサイズの端末機器のことで、「ピー・ディー・エー」と読みます。

発売当初のPDAは、スケジュール管理、ToDo、アドレス帳、メモなどの機能を備え、主に電子システム手帳に代わるものとして使われていました。

現在では、スマートフォンの登場によってインターネットに接続することができるようになり、ますます便利になってきています。



・PDF
net_word_p_1-3.png

パソコンのOSの種類に関係なく、見栄えが文書作成者の意図通りに表示される、電子文書の規格のことで、「ピー・ディー・エフ」と読みます。

「PDF」は、アドビシステムズ社によって開発された電子文書の規格で、PDFファイルの表示・印刷には同社から無償で配布されている「アドビ・リーダー」が必要です。





次回は、「 P その2 」 です。

お楽しみに!




ラベル:パソコン入門
posted by ふれんずはぴねす at 16:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット用語 N〜S | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月07日

インターネット用語 [ O ]


みなさん、こんにちは!


今回は、「 インターネット用語のO 」 です。



■ O
・Opera
browser_opera.png

ノルウェーのOpera Software社が開発した、高速かつ無料で使えるWebブラウザのことで、「オペラ」と読みます。

「Opera」は、Windows、Mac、Linuxなど、幅広いOS環境に対応しており、また、スマートフォン向けの「Opera Mini」「Opera Mobile」なども開発されています。

Webブラウザソフトの種類」の回もご覧ください。



・OS
net_word_o_1-1.png

正しくは「オペレーティングシステム」といい、 その頭文字を取って「OS(オーエス)」と読みます。

どんなパソコンにも必ず入っているソフトウェアで、マウスでポインタを動かす、ファイルを開く、ファイルを削除する、文字を入力する、コピーする、保存するなど、ユーザが日常的に利用しているさまざまな基本機能を担っています。

パソコンのOSの種類」の回もご覧ください。



・Outlook
soft_outlook.png

マイクロソフト社のWindows向けに販売している個人情報管理とコミュニケーション用のプログラムのことで、「アウトルック」と読みます。

電子メール、連絡先、予定表のほか、インターネット上で配信されているニュースやブログの記事、インスタントメッセージでのチャットなど、様々な情報を一元管理することができます。





次回は、「 P その1 」 です。

お楽しみに!




ラベル:パソコン入門
posted by ふれんずはぴねす at 11:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット用語 N〜S | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月06日

インターネット用語 [ N ]


みなさん、こんにちは!


今回は、「 インターネット用語のN 」 です。



■ N
・NTFS
net_word_n_1-1.png

ウィンドウズで採用されている、ハードディスクにデータを記録する規格の名称で、「エヌ・ティー・エフ・エス」と読みます。

FAT」に比べ、トラブルが起きたときにデータの復旧がしやすい、ファイルを開ける利用者と開けない利用者を設定して秘密を守れるようにできるなど、セキュリティを重視した機能が充実しています。



・NTT
net_word_n_1-2.png

日本最大の電気通信事業者グループ「NTTグループ」を統括する会社のこと、またはグループ全体を指す言葉としても使われ、「エヌ・ティー・ティー」と読みます。

1985年、日本電信電話公社の民営化にともなって誕生し、その後、データ通信事業や移動体通信事業の分社化を経て、1999年、「NTT」「NTT東日本」「NTT西日本」「NTTコミュニケーションズ」の4社に再編成されました。



・NTTコミュニケーションズ
net_word_n_1-3.png

NTTグループ企業のうち、主に長距離系・国際系の通信事業を担う会社のことです。

携帯・県内外・国際通話をまとめて割り引く「プラチナ・ライン」、自宅から携帯への通話料を安くする「0033」などがあります。

また、データ通信サービスとしては、インターネットサービスプロバイダ「OCN」の事業運営のほか、企業向けIPネットワークの構築なども提供しています。



・NTT東西
net_word_n_1-4.png

NTTグループにおいて、国内に通話・通信サービスを提供する会社のことで、東側が「NTT東日本」、西側が「NTT西日本」になります。

サービス提供地域は、「NTT東日本」は北海道・東北・関東・甲信越地域の1都1道15県、「NTT西日本」は東海・北陸・近畿・中国・四国・九州・沖縄の2府28県となっています。





次回は、「 O 」 です。

お楽しみに!




ラベル:パソコン入門
posted by ふれんずはぴねす at 12:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット用語 N〜S | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。