2015年04月26日

インターネット用語 [ うA ]


みなさん、こんにちは!


今回は、「 インターネット用語のう その2 」 です。

kakuchoushi_text.png


■ う  その2
・ウェブ ( Web )
WWW(World Wide Web:ワールド ワイド ウェブ)という仕組みの事で、「 Web 」 とは、「クモの巣」や「クモの巣状の物」を表します。

ですので、「 WWW 」 は 「世界中に張り巡らされたクモの巣のようなもの」という意味になります。

インターネットそのものもウェブですので、「 ウェブ 」 と言ったら、インターネットのことだと思って問題ありません。


・ウェブカメラ ( Webカメラ )
「 WWW 」 の仕組みを利用し、撮影された画像にアクセスできるリアルタイムカメラのことです。
「 ライブカメラ(生中継カメラ) 」 とも言います。

パソコンに付いている、あるいは取り付けたウェブカメラで、インターネットを利用してテレビ電話をすることができます。

また、撮影された画像は、リアルタイム、または一定間隔で保存することができるので、店舗の監視カメラなどにも利用されています。



・ウェブサーバ ( Webサーバ )
「サーバ」とは「サービスや機能を提供するためコンピューター」のことを言い、「ウェブサーバ」は、ホームページの情報を置くなど、「ウェブ」に関することに特化したコンピューターを指します。

例えば、ホームページを自分で公開する場合、作成した文章や写真などのデータを保管する必要があります。
その保管場所が「ウェブサーバ」ということですね。



・ウェブサイト ( Webサイト )・ウェブページ ( Webページ )
「ウェブサイト」とはホームページのことで、「ウェブページ」はホームページの中の1ページのことを言います。

要するに、ウェブページが集まったものが「ウェブサイト」なのです。

ウェブサイトが「本」でウェブページが「本のページ」だと考えるとわかりやすいですね。



・ウェブブラウザ ( Webブラウザ )
「ブラウザ」は、browse (拾い読み)という言葉が元になっているので、「ウェブブラウザ」とは、ホームページを見るためのソフトのことを言います。

今、このページを見ているそのソフトそのものがウェブブラウザです。

Webブラウザソフトの種類の回もご覧ください。



次回は、「 う  その3 」 です。

お楽しみに!




ラベル:パソコン入門
posted by ふれんずはぴねす at 16:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット用語 あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。