2015年04月18日

インターネットに必要な機器


みなさん、こんにちは!


今回は、「 インターネットに必要な機器 」 について説明します。



インターネットを接続するための機器には大きく分けて
「 回線終端機器 」 「 モデム 」 「 ルーター 」 の3つがあります。


■ 回線終端機器
net_onu.png

外から引き込んだ光回線の終端部分に設置され、
光信号を電気信号に変換する装置のことです。

「 ONU 」 とも呼ばれます。


■ モデム
net_modem.png

アナログ信号をデジタル信号に変換する装置で、
一般的に、ADSL回線では 「 モデム 」、
ケーブルテレビ回線では「 ケーブルモデム 」 と呼ばれます。


回線の種類(光なのかADSLなのかケーブルテレビなのか)によって
「 ONU 」 か 「 モデム 」 のどちらかを取り付けます。

※ 開通工事の時に業者さんが持って来たり、事前に送られてきます。
  自分で買ったりするわけではないのでご安心を。



■ ルーター
net_rooter.png

2つ以上の異なるネットワーク間でデータを中継する通信機器のことで、
一般的に、この機器にプロバイダの接続IDやパスワードを設定します。

ルーターには 「 有線ルーター 」 と 「 無線ルーター 」 があり、
無線ルーターはLANケーブルがなくてもインターネットができるので、
スマートフォンや携帯ゲーム機でも利用できます。



接続したイメージ図はこんな感じになります。

net_lan.png




また、「 ONU 」 や 「 モデム 」 にルーター機能が付いたものがあったり
さらに無線機能が付いているものもあります。

それを使えば、「 ルーター 」 は必要なくなりますし、
LANケーブルの配線もいらなくなるのでスッキリしますね。



そしてルーターにも、もうひとつ種類があります。

■ モバイルルーター
net_mobile.png

「 Wimax 」 や 「 Y!モバイル 」 ではモバイルルーターという機器を使います。

光回線やケーブルテレビなどのように
屋外から回線を引き込むわけではないので、
これがあれば無線でインターネットが使えるようになります。



ちなみに、モデムやルーターは回線事業者からの貸出が一般的で、
モバイルルーターの場合は機器を購入することもあります。




次回は、「 インターネット用語 」 について説明します。

お楽しみに!






ラベル:パソコン入門
posted by ふれんずはぴねす at 16:13| Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。