2015年03月04日

Webブラウザソフトの種類


みなさん、こんにちは!

今回は 「 Webブラウザソフト 」 の種類を説明します。



まずは 「 Webブラウザ 」 の説明から。


■ Web ( ウェブ ) ブラウザ
インターネット上のウェブサイトを閲覧したり、
画像や音楽などのファイルをダウンロードしたりすることができる
アプリケーションソフトです。

また、ファイルサーバへのアクセスを行うこともできます。

通常、Webブラウザには 「 ホーム 」 「 前へ 」 「 次へ 」 「 更新 」 「 中止 」
などのボタンがあります。

今、あなたがこのブログを見ているソフトそのものが 「 Webブラウザ 」 です。



■ Webブラウザの種類
現在、Webブラウザは数百種類あると言われています。

すべてを挙げることはできませんので、
利用者数の多い代表的なものを5つ紹介します。


≫ Internet Explorer ≪
browser_ie.png

マイクロソフトが開発するウェブブラウザで、
インターネット エクスプローラー 」 と読みます。

略して 「 MSIE ( Microsoft Internet Explorer ) 」 や
「 IE ( Internet Explorer ) 」 とも呼ばれ、
Windows95以降のWindowsOSに標準装備されています。

WindowsOSの普及率が高いことから、ウェブブラウザの中でも
Internet Explorerの普及率は高くなっています。



≫ Google Chrome ≪
browser_chrome.png

検索サイトで有名な 「 Google 」 が開発しているウェブブラウザで、
グーグル・クローム 」 と読みます。

現在、世界で一番使われていると言われています。

Gメールなど、グーグルのサービスを利用している人は、
このブラウザだといろいろ便利に使うことができます。



≫ Firefox ≪
browser_firefox.png

「 Mozilla Foundation 」 が開発するウェブブラウザで、
ファイヤーフォックス 」 と読みます。

起動は速いですが、メモリをよく使うため動作が重いと言われています。

多機能なので、高スペックなパソコンにはオススメです。



≫ Opera ≪
browser_opera.png

ノルウェーの 「 オペラ・ソフトウェア 」 によって開発されている
ブラウザで、「 オペラ 」 と読みます。

機能が多くて軽いので、低スペックなパソコンなら
このブラウザが一番速くてオススメです。



≫ Safari ≪
browser_safari.png

アップルにより開発されているウェブブラウザで、
サファリ 」 と読みます。

アップル製の 「 Mac OS 」 の標準ブラウザになっていますが、
Windows用にも公開されています。

アップル製のスマートフォン 「 iPhone 」 にも搭載されています。





この5つが特に有名で、使用者が多いブラウザです。

ちなみにこれらも含めて、ほとんどのWebブラウザは
無料でダウンロードできます。

いろいろ使ってみて、自分にあったブラウザを見つけてみると
いいかも知れませんね。


私個人は、パソコンでは 「 グーグルクローム 」、
携帯は 「 iPhone 」 なので 「 サファリ 」 を使ってます。




次回は 「 画像編集ソフト 」 を説明します。

お楽しみに!




ラベル:パソコン入門
posted by ふれんずはぴねす at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | アプリケーションソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。