2015年02月22日

記録媒体 [ SSD ]


みなさん、こんにちは!


今回で記録媒体の説明は最後になります。


HDD ( ハードディスク ) に代わる、
次世代の記憶媒体といわれる 「 SSD 」 の説明です。




■SSD ( エスエスディー )

media_ssd.png

ソリッド・ステート・ドライブ ( Solid State Drive ) の略で、
「 SSD ( エスエスディー )」 と読みます。

パソコンなどに搭載され、HDDの代わりとして
様々なデータを記録することができます。


デジカメなどに使われているSDカードの
容量を大きくしたものと思ってください。

HDDと違って磁気ディスクがなく、半導体メモリにデータを記録します。



≫ SSDの利点 ≪
SSDの最大の利点は、データをやりとりする速度が
HDDと比べて圧倒的に早いことです。

磁気ディスクを回転させるわけではないので、
熱があまり発生せず、音も静かで電力もあまり使わず、
振動にも強くて、しかも軽いです。



≫ SSDの欠点 ≪
新しい技術を使っているので非常に高価です。

容量あたりの値段がHDDの10倍以上します。
1万円もあればHDDなら1TBも楽に買うことができますが、
SDDだと100GBだけで1万円してしまうこともあります。

また、記録させる部分のフラッシュメモリという部品は、
その特性上どうしても書き込み回数に上限があります。

フラッシュメモリは、何度も書き込みを行うと
記録部が劣化して最終的に書き込み不可になってしまうのです。



≫ SSDの種類 ≪
SSD の中にはデータを保存する 「 セル 」 と呼ばれるスペースが
たくさんあり、そこに書き込む方法によって種類が分かれます。


【SLC】
「 シングル・レベル・セル 」 の略で 「 エスエルシー 」 と読みます。

SLCは1つのセルに1単位の情報を書き込みます。

システムが単純なので、
高速で耐久性が高く消費電力も少なくてすみます。


【MLC】
「 マルチ・レベル・セル 」 の略で 「 エムエルシー 」 と読みます。

MLCは1つのセルに2単位以上の情報を書き込みます。

データをたくさん保存する事ができ、
それにより容量が大きくても価格が安くなります。


わかりやすくいうと、
SLC ⇒ 高価格・高性能型
MLC ⇒ 安価・容量重視型
といった感じでしょうか。

最近は 「 TLC ( トリプル・レベル・セル )」 というものも出始めています。

「 MLC 」 以上にデータを多くできるタイプですが、
速度や寿命の低下が大きく、普及にはまだ時間がかかりそうです。




≫ 容量 ≪
SSDの容量は大きく分けて、
64GB、128GB、256GB、512GB、1TBなどの種類があります。

64GBと128GBでは、それほど価格が変わりませんが、
128GBを超えると、容量と比例して価格が上昇するので、
購入する際は、用途と価格のバランスを考えましょう。




SSDはHDDと同じく、容量が大きいに越したことはありません。
予算の範囲内で購入できる最大容量のものを選ぶといいでしょう。






次回は、マウスを使わずキーボードだけで操作する、
便利な 「 ショートカットキー 」 を説明します。

お楽しみに!




ラベル:パソコン入門
posted by ふれんずはぴねす at 15:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 記録媒体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。