2015年01月23日

Windowsの種類


みなさん、こんにちは!

今回はWindowsの種類について説明します。


「Windows」というのは前回説明したとおりOSの種類のことですよね。

その「Windows」を作ってるのが、
世界一の大富豪ビル・ゲイツが創設した
Microsoft(マイクロソフト)社なんです。


一言でWindowsと言っても、
古いものもあわせると実は大変な数になるので、
現在、主に使われているであろうWindowsのみ紹介します。


■Windowsのバージョン
・Windows XP   2001年発売
・Windows Vista  2007年発売
・Windows 7    2009年発売
・Windows 8    2012年発売
・Windows 8.1   2013年発売

このように「Windows」の後にアルファベットや数字がつき、
現在の最新版はWindows8.1です。

windows8.1.png


そういえば「Windows10」が発表されましたね。
今年の後半頃に発売されるとの予想ですが、個人的にすごく楽しみです。


どのバージョンがいいか、というのは好みだったりするのですが、
各パソコンメーカーやソフト会社は最新のものに買い換えてもらいたいので、
利便性や性能などは一般的に最新版が優れていると言われています。


ですが、買い換えると今までと使い勝手が違ったりするので
最初はかなり戸惑うことになるでしょう。

携帯電話の機種変更をしたときも、
ボタンの位置が違ったりして操作に戸惑ったりしますよね。

まさにそんな感じです。
慣れてしまえばどうってことないんですけどね、、、


例えば、会社で使っているパソコンがWindows7だったら
家のパソコンもWindows7にしておいたほうがいいでしょう。

中には、あえて違う種類のWindowsを使いたい
という方もいるかも知れません。
もちろんその辺は好みで選んでいただいてOKです。


これからパソコンを始める、という方は
売られている入門書なども最新版にあわせて書かれているので
最新版がいいでしょう。



次回はWindowsOSのサポート期限について説明します。

お楽しみに!



ラベル:パソコン入門
posted by ふれんずはぴねす at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。