2015年08月09日

インターネット用語 [ PA ]


みなさん、こんにちは!


今回は、「 インターネット用語のP その2 」 です。



■ P その2
・PHS
net_word_p_2-1.png

高速データ通信を得意とする携帯電話の一種のことで、「ピー・エイチ・エス」と読み、「ピッチ」とも呼ばれます。

基地局の設置が容易なため都市部での利用可能エリアは速やかに広がり、通信料金の安さから学生などを中心に普及しました。

その後、2000年代の中頃までには、携帯電話の低料金化やデータ高速化が進み、PHSにあった優位性が薄れたため、普及は頭打ちとなりました。



・pixel
net_word_p_2-2.png

コンピュータで画像を扱うときの、色情報(色調や階調)を持つ最小単位、最小要素のことで、「ピクセル」と読みます。

単位として用いる場合には「px」と略記されます。



・POP
net_word_p_2-3.png

「Post Office Protocol(ポスト・オフィス・プロトコル)」の略で、「ポップ」と読みます。

電子メールを保存しているサーバからメールを受信するための通信規約です。

メールの通信は、受信時には「POP」、送信時には「SMTP(Simple Mail Transfer Protocol)」という方法が多く利用されています。





次回は、Qのワードがないので「 R 」 です。

お楽しみに!




ラベル:パソコン入門
posted by ふれんずはぴねす at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット用語 N〜S | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。